伊達市不動産情報エムティ宅建

北海道伊達市の不動産会社エムティ宅建の社長とスタッフが綴るブログです。

伊達市物件が満載の公式ウェブサイトはこちらです。 http://www.mt-takuken.jp

続、里帰りin北見

こんにちは!店長の裕一です。今年も残り1ヶ月をきりました。スーパーやホームセンターに行くと、クリスマスツリーやしめ縄が売られていて、年の瀬だなぁと実感します。

さて、先週末は里帰りをしていた奥さんと子供たちを迎えに北見に行って来ました。今回はJRで北見を目指します。

150車内
伊達紋別発6:37の苫小牧行きに乗ります。早朝なので座れるだろうと思っていましたが、甘かったです…(^^;)

札幌785
東室蘭で特急すずらんに乗り換えて札幌を目指します。この列車に乗るのは久しぶりです。

札幌183スラ

札幌183
札幌発9:41分発の特急オホーツクで一気に北見を目指します。前後で顔が違いますが、同じ型番の車両です。ポテトチップで例えると「うすしおとコンソメパンチ」みたいな感じでしょうか。…余計解りにくいですね(^^;)

183グリーン
今回は奮発してグリーン車を取ってみました!バスで節約した意味が全く無いですね(^^;)バスと同じ3列シートですが、シートの幅、足元の広さは格段にゆったりしています。以前はドリンクサービスがありましたが、客室乗務員が乗務しなくなった為、サービス面では普通席と変わらなくなってしまったのは少し残念な気がします。

車窓
旭川に近付くにつれて雪が多くなってきました。旭川では観測史上最速の根雪になったそうです。今年は本当に秋が短かったですね。

遠軽駅舎
13時過ぎに遠軽に到着しました!かつてはかにめしがホームで売られていましたが、もうその姿を見る事は出来ません。

遠軽駅看板
駅名板が白くなっちゃっていますね。私が使っているパソコンはフリーズすると画面がこうなります。きっとこの駅名板はフリーズしているのでしょう。

遠軽40
急遽、特急オホーツクを乗り捨てて網走行きの普通列車に乗り換えます。乗り換える必要は全く無かったのですが、ただ何となく乗ってみたかっただけです(笑)

常紋40
生田原駅を過ぎると、石北線最大の難所「常紋峠」超えです。止まってしまいそうな速度で急勾配を上っていきます。

常紋トンネル
峠を上りきると、常紋トンネルがあります。このトンネルは「タコ部屋労働」という苛酷な労働で建設された事で有名なトンネルです。怪我や病気で亡くなった労働者達は適切な治療も、供養される事もなく、現場周辺やトンネルの壁に埋められたそうです。工事で殉職された方々の為にも、こういった歴史は絶対に忘れてはいけないですね!

北見40
遠軽を出発して1時間半ほどで目的地の北見に到着です。少し分かりにくいですが、ホームの屋根を支える柱の1本1本に「きたみ」のプレートが掲げられています。アピール力が半端じゃないですね(笑)

北見駅
駅まで奥さんと子供達が迎えに来てくれました。2週間ぶりの再会です♪列車が発車してもやや暫く私が改札から出てこなかったので、乗り過ごしたんじゃないかと心配したそうです。

常呂川
次の日、所用で北見市の東部にある端野町へ出かけました。端野町を流れる常呂川を通ると…

常呂川2
今年の2月に見たときはそれなりの林が広がっていたのですが、夏に直撃した台風の影響でここもかなりの被害を受けたようです。

畑修繕
常呂川の隣にある畑は冠水したようです。以前ニュースで畑が元通りになるには10年ほどかかると言っていました。失うのは簡単ですが、得るのは大変だという事を改めて実感しました。実際こういう光景を目にすると、自然は時として本当に恐ろしいものだと思いました。

日曜日は伊達に帰る日です。心なしか奥さんの家族は元気がありません。簡単に行き来出来る距離ではないので、やっぱり離れるのは寂しいですよね…。雪が解けたらまた行きますね♪待っていてください(^^)b

豆腐
来た時と同じルートで伊達へ向かいます。途中、遠回りをして石北峠の麓にある人気のお豆腐屋さんに立ち寄りますが、閉店していました…。どうしてこうもツイていないのでしょう。結局40キロを無駄に走る結果になりました…(^^;)同時に夜の湯豆腐祭りも中止となりました・・・(泣)

北見を11時前に出発し、18時に無事伊達に着く事が出来ました。高速道路万歳です♪

最近は道路も走りやすくなり、車の性能も格段に上がり快適になったので、割高な鉄道を選択肢の一つにする事はなかなか無いかと思います。ただ、鉄道でしか味わえない風景を見ながら食べる駅弁は最高ですよ♪

皆さんも是非一度鉄道で旅をしてみて下さい!もしかしたら、ゆで卵やお漬物、究極はワンカップを差し入れてくれるおじいちゃんおばあちゃんに出会えるかもしれませんよ!←実体験です(笑)

里帰りin北見

こんにちは!店長の裕一です。
先週の土曜日から月曜日まで北見へ行ってきました。
北見は私の奥さんの地元です。私は月曜日に伊達に戻って来ましたが、奥さんと子供は2週間里帰り中です。

道ナビ
今回はこのルートで北見を目指します!前は苫小牧からでしたが、今は伊達からなので片道100kmほど増えました。それにしても444kmって…不吉なゾロ目ですね(^^;)

夕市
途中、白老にある丸吾水産さんに立ち寄り、お土産を調達しました。ここは発泡スチロールに色々な魚が入って1000円という驚きの安さです!箱によって入っている魚種や大きさも様々なので、選ぶ楽しみもあります。運が良いとタコやキンキが入っている時もあります!開店後、駐車場には続々と車が入ってきました。

砂川SA
道央道を北上し、砂川SAでトイレ休憩&子供たちのオムツ交換です。ちょうど砂川で中間地点となります。段々と路肩の雪が目立つようになって来ました。

丸瀬布2

丸瀬布
比布JCTから旭川紋別道に乗り換えます。16時過ぎ、ようやく丸瀬布まで辿り着きました!流石にここまで来ると積雪状態です。ここからは一般道で北見を目指します。
伊達から北見までは7時間ほどかかりました。北海道は本当に「でっかいどう」ですね!ただ、思っていた以上に道路状況が良かったので、そこまで疲れませんでした。高速道路万歳♪♪
日曜日はサロマ湖へドライブに行く予定でしたが、雨の為中止に。サロマ湖で牡蠣を食べる事が今回最大の楽しみだったのですが・・・残念です(T_T)

北見バス停
月曜日は私が伊達に帰る日です。私は自称セミ鉄オタなので本当は往復JRにしたかったのですが、節約の為に片道はバスにしました。

ドリーミントオホーツク号
札幌~北見、網走を結ぶドリーミントオホーツク号です。予約制なので、飛び込みで乗車は出来ないようです。北見~札幌間は10往復しています。JRの特急列車が4往復なので、倍以上の本数が走っています。だいぶ幅効かせてますね。

ドリーミント 切符
予約制なので切符に名前が入ります。名前が「カタセ」になっていますね。よくある間違われ方です(^^;)

ドリーミント 座席
今や全国区となった、とあるローカルバラエティ番組ではお馴染みの3列シートのバスです。私は初めて3列シートのバスに乗りましたが、想像以上に快適でした♪ただ、10時間以上座りっぱなしなら「お尻の肉がボロボロ取れる夢」を見るのかも知れません(笑)

ドリーミント サービス
各座席にはオーディオサービスが付いていて、無料WiFiサービスもあります。コンセントもあるので携帯の充電も可能です!暫く振りにバスに乗りましたが、ここまで快適になっているとは思いもしませんでした。
札幌駅には定刻より10分も早く到着しました!伊達行きのバスが出るまでは2時間あるので、駅前を散歩しました。

道産子ワイド

道産子くん
ちょうどSTVさんの番組「道産子ワイド179」の撮影の準備が行われていました。道産子くん、快く写真撮影に応じてくれました♪いつか「奥さんお絵かきですよ!」に参加してみたいです。(お絵かきする側で)

日ハム

コンサ
今年の北海道はスポーツが熱いですね!日ハムの日本一に続いて、コンサドーレも早くJ1昇格を果たして欲しいです!!

札幌ターミナル

伊達ライナー
伊達~札幌を1往復する「伊達ライナー号」です。もう少し便数があると嬉しいのですが・・・(^^;)平日ですが多くの人が利用していました。
北見を出発してから9時間後、ようやく伊達に到着しました。運転しない分、体力的にかなり楽でした。

カルチャー

月
月曜日はスーパームーンでしたね。少し霞がかっていましたが月が綺麗に出ていたので、急遽カルチャーセンター前停留所でバスを降りて写真を撮ってみました。旗がなければ良かったのですが(^^;)

再来週は奥さんと子供を迎えに行きます。今度は列車での移動なので、駅弁でも食べながら車窓の風景をのんびりと楽しもうかと思っています♪あとは列車が運休しない事を願うばかりです(>_<)


つづく・・・(予定です。)







時代の流れ。

こんにちは!店長の裕一です。

今日から11月ですね。最近はぐっと寒くなり、体調を崩された方もいらっしゃるのではないでしょうか。
至る所で漬物に使う大根を干している姿を見かけます。この光景を見ると、「あぁ、冬だなぁ・・・」としみじみ思います。

さて、前回のブログで襟裳に行った時の事を載せましたが、今回はその続きです。
襟裳に行った目的は、お墓参りと、釣り(結局出来ませんでしたが・・・)以外にもう一つ大切な目的がありました。
10月末をもって、私の叔父と叔母が営んでいたラーメン屋さんが閉店するとの事で、閉店前にどうしても行きたかったのです。

ころっぷ
「食事処ころっぷ」という名前です。「ころっぷ」とはアイヌ語で「フキのなる丘」と言う意味なのだそうです。創業31年なので、私と同い年です。

ころっぷ看板
ころっぷは、えりも海鮮ラーメンと四川ラーメンが看板メニューでした。アザラシがキュートな看板です。

ころっぷ2
お店は小高い場所にあり、海風が非常に強く当たります。その為、外壁や屋根の塗装を塗り直しても、数年経つとこうして塗装がはがれて来てしまいます。

メニュー
ラーメン屋さんですが、カレーやカツ丼もありました。毎日夫婦2人で仕込み、提供するのは大変だった事でしょう。

海鮮ラーメン

四川ラーメン
海鮮ラーメンを食べた後に腹ごなしに四川ラーメンを食べると言うのがいつものスタイルでした。襟裳では「カロリー」なんて言葉は気にしません!!
来年からはこの楽しみが無くなるのはやっぱり寂しいです。
今回は食べ納めという事で、2泊3日の間に海鮮ラーメン3杯、四川ラーメン2杯、カツ丼1杯、チャーハン1皿を食べました。我が家のエンゲル係数は高過ぎですね(^^;)

おじさんおばさん
顔出しOKという事なので、載せさせてもらいます(^^)
おじさん、おばさん、31年間本当にお疲れ様でした!そして本当にありがとう!!これからの人生、のんびりと楽しんでくださいね♪
そして、食事処ころっぷを31年間支えてくださったお客様方、本当にありがとうございました。

ニュース等で「高齢の為、閉店」「後継者がいない為、閉店」と言うのをよく見聞きするようになりました。「時代の流れ」というのは時として本当に寂しいものですね。
お店に限らず今ある(いる)当たり前の物(人)を、もっともっと大切にしなくてはいけないなぁ。そう実感した襟裳遠征でした!




アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor 天気
  • ライブドアブログ