伊達市不動産情報エムティ宅建

北海道伊達市の不動産会社エムティ宅建の社長とスタッフが綴るブログです。

伊達市物件が満載の公式ウェブサイトはこちらです。 http://www.mt-takuken.jp

菜園


時の流れはとても早く初夏へと季節が移り変わり、山並みの緑も益々濃く成るのが感じ取られ私としては一番好きな季節と思っております、それと朝早く聞こえるカッコーの鳴き声がとても心地良いですね。
さて我が家では3月初旬に種をまいた野菜も一人前となり十分と存在感を増しすくすくと育っておりますので今回ご紹介したいと思います。

下の画像は紋別岳ですが見る角度が違うと別な山に見えます今日は天気に恵まれ空気も澄んでおりましたので乾町まで撮影に行きました。
紋別岳

菜園をする目的の一つでもあるトマト栽培、真っ赤に成った完熟トマトの味は格別においしくピューレにし冷凍保存も可能ですし完熟トマトを使ったトマトジュースもおいしくパスタ料理にも使え絶対に失敗したくない野菜です。
下の画像はハウス栽培です、数多くの収穫を期待してないので ほとんど水を根元にまくことが有りません。
そうする事により甘いトマトが出来るのだそうです、しか水不足で苗がしおれて来ましたら水をあげますがこれも年に1度か2度くらいです朝早く葉に露のような水分が付いていれば水やりはしなくて良いそうです。
特に実が着いてからの水やりは注意が必要のようです実への水かけは実の付け根が茶色に色付き実に割れが生じ見ためにも美味しそうに見えません
トマト#1


トマト栽培で水の管理と同じくらい大切なのが肥料のやり過ぎだそうです栄養分が強いと幹が太く葉がカールし花が付いても落ちてしまい結果的に実が付かず葉を見る観葉植物に成ってしまいます。
トマト#2

トマト#3

トマト栽培と同じくらいに力が入ってるのがイチゴ栽培です。年に数回ですが帰省する孫に食べさせイチゴ狩りを体験させたいと思いから苗の数も増えましたが夏までに苗を一人前に育て、お盆が過ぎたら定植するそして一冬休眠させ初夏に収穫するというサイクルでの栽培で土もそこそこ肥えていないと大きい株に成らず良い実は着きません。
栽培には手間暇がかかりほぼ1年間の時間が必要です。
又、今年収穫している株から今年定植する苗を作らないと駄目です。専業農家さんは苗作りのイチゴには実を摘んで子ずるを大きくするそうでそれに加え病気に成らないよう消毒を何回も行うそうです。
私は実も収穫し苗も作りたい病気に強い苗作りの方法もわからないのでやはり少し欲張り過ぎるのか春に成ったら育つはずだった苗が枯れてしまう現象が出ておりどうやったら良いか試行錯誤中です。
イチゴ#2


雪がとけ新芽が息吹く時、苗の枯れた枝や葉を根元からかきむしり取るようにし追肥を行う事もとても大切な作業と成っているようです。この作業が終了してからの苗の成長はびっくりするほど良くなります。
肥料ですがなるべく科学肥料を使わない有機栽培に心がけており米ぬか、菜種油かす、魚かすのブレンドで調合し根元に施しています。
イチゴ#3


下の画像は鳥から実を守るための薄いシートでパオパオと呼ばれています。
このパオパオはヒヨドリ、カラスからの食害防止に効果がありますがあまり丈夫でないためすぐに破れてしまいますので取り扱いに注意が必要です。
更にイチゴの天敵は鳥だけでなくナメクジ、あり、かたつむりもそうです物陰に潜むナメクジには鳥肌が立ちます。
イチゴ#1


今日はこんなに収穫出来ました。器の大きさは直径30センチありますがほぼ山盛りです。
ichigo-800

菜園の手入れは天気を見ながら早朝6時くらいから始め7時30分に終了するようにしておりますが 手を加えると野菜もそれに答えるように良く成ります。

今回のご紹介はトマト栽培とイチゴ栽培でしたが今年船長さんの資格を取った店長と数回海に出て釣り糸を垂れているのですがご紹介するほど魚が釣れません。次回は大きいヒラメを釣った画像をご紹介出来れば良いと思っております。







川魚ってすっごく美味しいんです♪

こんにちは!店長の裕一です。

先週はゴールデンウィークでしたね!遠出をされた方、寝正月ならぬ寝GWだった方、お仕事だった方、皆さんはどのような過ごし方をされたでしょうか。

私は3日から7日まで奥さんの故郷、北見へ行ってきました。

桜並木
北見ではちょうど桜が見頃でした♪本格的な春到来です(^^)

外気温
ただ「春」というには暑過ぎです…(汗)4日の北見は30℃を超えました。5月で真夏日とは、盆地をナメてました…。

看板
あんまりにも暑かったので、みんなで涼しい所に行こうと遠軽町生田原にある釣堀「八重つり湖園」にやってきました!

八重つり湖園
ここは1時間1500円で釣れた分だけ持ち帰りがOKな釣堀です。ちなみに持ち帰りはエサ釣り限定で、ルアーやフライで釣った魚はキャッチ&リリースです。自前の竿や仕掛けも持ち込み可能なので本格的な釣りも出来る釣堀です。

養殖池2
ここは養殖池なので釣りは出来ませんが、沢山の魚が泳いでいました。ここである程度の大きさになるまで育てているようです。

エサ釣り池1
ここはエサ釣り限定の池です。1500円で竿、仕掛け、エサ1袋も含まれています。
ちなみにオレンジ色のトレーナーを着ているのが奥さんのお兄さん、通称「にーちゃん」です。
にーちゃんは数、サイズ共にダントツの1位でした。次は負けませんよ(笑)

ルアー釣り池
ここはルアー、フライ限定の池です。私はルアー釣りに挑戦です。1メートル近いニジマスも泳いでいるので胸が高鳴ります♪♪…しかし、魚達はせっかく伊達から持ってきたルアーに見向きもしません。釣堀に来て一匹も釣れないのはちょっと恥ずかしいですよねぇ…。

釣り上げ
という訳で、開始30分でエサ釣りに転向しました。奥さんには「ルアーで1匹釣るまでは絶対エサ釣りはしない!」と豪語していましたが、所詮私の意志などコンニャクです(^^;)
一投目で速攻釣れました♪この魚はブラウントラウトでしょうか。やっぱり釣りは生エサに限りますね!ちなみにエサはカレイ釣りでも使われる赤イカなので、虫が苦手な人でも安心です。

釣果
2時間でニジマス、ヤマメ、ブラウントラウト(?)がこれだけ釣れました!サイズの小さい魚はなるべくリリースしていたのですが、針を飲み込んでしまっている魚は弱ってしまっていたので持ち帰る事としました。魚達よ、美味しく調理させてもらうからね!!

ちゃちゃワールド
トイレ休憩のため生田原ちゃちゃワールドに立ち寄ります。生田原は林業が盛んな町で木製のおもちゃなどがこのちゃちゃワールドで展示&販売されています。とても立派な建物です。

こいのぼり
次の日が子供の日だったのでお子様連れの家族で賑わっていました。こいのぼりも気持ちよさそうに泳いでいますね(^^)

ノルディックファーム1
釣り師のにーちゃんが、帰り道に美味しいアイス屋さんがあると教えてくれたので寄ってみました。「ノルディックファーム」というお店です。真夏日の連休という事もあり、店内は大変混雑していました。

アイス
にーちゃんがおごってくれました(^^)とても濃厚で美味しかったです♪私のお勧めは塩とタピオカです。木のスプーンが付いてくるのもまたお洒落です。さすが林業の町ですね(^^)

風乾
釣った魚達をどう調理しようかと考えましたが、ここはやっぱり燻製です♪
内臓を取り、血合いをきれいに洗い流し水気を切ったらハーブソルトで味を付け、2時間ほど馴染ませます。
その後、一晩夜風に当てて乾燥させます。干網が無かったので物置で眠っていた洗濯カゴで代用です。
これは乾燥後の写真です。いい感じに干せました♪このまま焼いても美味しそうです。

スモーカー
今回は燻しながら加熱調理を行う「温燻」という方法で燻製します。ベーコンなどはこの方法で作ります。
スモーカーも電熱器も持って来てないので、ダンボールとカセットコンロで代用しました。ちょっと不格好ですが、燻せればいいだけなので良しとします(笑)
ちなみにカセットコンロは熱でボンベが破裂する恐れがあるので注意が必要です。

燻製
桜の季節という事でサクラチップを使ってみました!大体4時間程燻して完成です。とてもいい感じで仕上がりました(^^)肝心の味ですが、塩加減もちょうど良くとても美味しく出来ました♪こんなに美味しいならもっと釣ってくれば良かったと思うくらいです(笑)

ムニエル1
大振りのニジマスは三枚におろしてハーブソルトで味付けし、バターソテーにしました!「バターソテー」と言うとカッコ良く聞こえますね!単なる「バター焼き」です。
ピンボケの写真ですみません…(汗)

ムニエル2
川魚ってこんなにウマいのか!というくらい美味しかったです。川魚というと泥臭いイメージがあったのですが、全然そんな事はありませんでした!養殖魚だからでしょうか。
今更ですが、ちゃんと盛付けすれば良かったです…(^^;)

黄砂1
日曜日、夕方に伊達に戻ってきました。楽しい時間というのは本当にあっという間です。
この日は全道各地で黄砂が観測されましたね。

黄砂2
伊達の町並みも有珠山も霞んでしまっています。車は汚れるし、人体にも悪影響な黄砂ですが、何千キロも離れた砂漠から日本まで砂を飛ばしてくる風の力は凄いですね!

桜も散り始め、これから本格的なレジャー、行楽のシーズンとなりますね。皆さんも燻製始めてみてはいかがでしょうか。多少時間はかかりますがとても面白いし美味しいですよ♪

川魚の美味しさに惚れた、そんな北見旅行でした(^^)













桜前線到来

忙しい思いをしながら生活をしておりますと時間の経過も早く今日は5月1日連休の真っ最中です。
さて今朝通勤途中の街路樹の桜が開花しておりほぼ満開の状況でした、北海道にも春本番到来との兆しです。
本当に桜が咲く季節待ちどうしかったですね。
下の画像は伊達市末永町の伊達神社前の街路樹です
桜#5

桜#1

桜#4

桜#3

4月18日の低気圧接近による記録的な強風による農業用のビニールハウスは倒壊など甚大な被害が出ましたが我が家の小さいビニールハウスは何とか強風に耐え若干修繕が必要ですが何とか使用出来ほっとしております。
そのハウスの中は3月初旬に種を蒔いた野菜が発芽し今月下旬に畑に定植されるのを待っております。
3月初旬とは言えハウスの中の気温は太陽が顔を出した時は40度超え、朝は-4度と外気温と同じです。
曇りの日が続き温度が上がらない日が続きますと野菜の種類によっては発芽せずそのまま種が腐ってしまう事も有ります。又、温度が上がり過ぎると特にいちごは端に植えているのですが葉が焼けてしまいます。
IMG_0301

野菜の中で収穫に一番期待しているトマト、完熟トマトの味は最高です
下の画像の内上側が糖度の高い中球フルティカ下の画像が通常サイズの桃太郎です
フルティカ

桃太郎ファイト

表面がピカピカと光沢を持つナスの天ぷらの味これも又最高です下の画像は左がナス右が暑さを好むオクラです
IMG_0286
昨年10月に蒔いたほうれん草です
ほうれん草#1

温度管理がうまく行かないせいか とうきびの発芽率が悪く今後の成長に期待しております

とうきび

かぼちゃの苗ですがこれも発芽率が低く50%未満の発芽です
かぼちゃ、アスパラ

下の画像のように苗を作ってますが定植時期にちょうど良い大きさの苗を作るのは難しいですね
特にトマトは苗が大きく育ち過ぎる傾向に有り 身長の割りに花が着かないなど花の付き方によって定植
するトマトは神経を使います。
画像右下の黒いセルはマリーゴールドが植えられております既製品の種は発芽率が高く100%に近く又寒さにも強く種まき後3日くらいで発芽します

苗つくり

路地のイチゴの苗です昨年9月に定植して少し前に肥料を根元に施し根元の枯れた葉をむしり取りました。
この枯れた葉のむしり取りが刺激と成ってイチゴの株はどんどん良くなり大きい実を付けます。
イチゴ

5月の大型連休これから天気も良い日がまだまだ続くようです。
皆様が元気で過ごされる事とは思いますが事故、怪我に会わぬよう楽しい日々をお過ごし下さい。




アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor 天気
  • ライブドアブログ