伊達市不動産情報エムティ宅建

北海道伊達市の不動産会社エムティ宅建の社長とスタッフが綴るブログです。

伊達市物件が満載の公式ウェブサイトはこちらです。 http://www.mt-takuken.jp

最果ての地。

こんにちは!店長の裕一です。

今回もご当地入場券収集の旅、稚内編の続きです。最近はご当地入場券ネタばかりになってしまってますね。すみません(>_<)

幌延駅 朝
2日目の朝です。大雨です…。この日は宗谷北部に暴風警報が発令されていました。タイムリミットは旭川行きの特急が稚内を出発する13時!まずは豊富町へ向けて出発です。

豊富温泉郷
「豊富町」と言えばセイコーマートさんの牛乳やソフトクリーム等で知っている方も多いと思いますが、温泉も有名です。とよとみ温泉は日本最北の温泉郷と言われています。

ふれあいセンター
町営の入浴施設、ふれあいセンターさんで一風呂浴びるとします。8時半開館という事なので、無理矢理日程に組み込みました!

サイン
実はここも「ブギウギ専務」のロケで専務が訪れてます!今やドラマや映画等で大活躍されている大泉洋さんも来ていたのにはビックリしました!

一般浴場2
ここの温泉は実に変わっていて、温泉になんと!石油が含まれているんです!!建物内に入った瞬間から石油臭がします。とよとみ温泉は一般客だけではなく、アトピー等の皮膚病の患者さん達が湯治に訪れる事も多いそうです。

サロベツ牛乳
売店で売っていた牛乳はセイコーマートさんのでした!さすが本場です(^^)

温泉で温まった後はご当地入場券を買いに豊富駅へ!

豊富駅前
駅前に消防車が来ていました。写真では分かりづらいですが、この時はもの凄い風でした。その風で駅前の看板が飛ばされてしまい、車にぶつかったようです。幸いにもけが人は出なかった様ですが、これは運転に十分気を付けなくてはいけませんね。

カントリーサイン
9時半過ぎに最後の目的地、稚内市に入りました!これ以上北にカントリーサインはありません。そう考えると「いやぁ…来たなぁ…」と実感します。ま、レンタカーなんですけどね…(^^;)
時間に余裕が出てきたので、予定を変更して昔から行ってみたかった駅に立ち寄る事にしました。

抜海駅
それがこの駅「抜海駅」です。マニアックな話になりますが、この駅は日本最北の木造駅舎の無人駅です。駅裏手は安牛駅と同じく林になっていて、実際に熊が出た事もあります。

抜海駅前
駅前に民家は2軒しかなく、そのうち1軒は空家の様でした。この日の天気も相まって、余計に寂しさを感じます。

抜海駅時刻表
抜海駅を発車する列車は上下合わせて7本しかありません。稚内行きは11時台を逃すと次は19時台です。歩いた方が早く着きますね…(^^;)

稚内駅舎
ゴールの稚内駅に無事到着です。十数年前に訪れた時は古い駅でしたが、今は道の駅や映画館などが入り、とても綺麗な駅へと様変わりしていました。でも「最果ての駅」というには少し立派過ぎる気もします…(笑)

最北端の線路 看板
日本最南端の駅、指宿枕崎線の西大山駅までは3,095㌔あります。3,000㌔以上も同じ鉄路で繋がっているというのは凄い事だと思います。

最北の鉄路
駅前には旧駅舎時代の車止めがあり、先ほどの「最北端の鉄路」の看板も以前はここにありました。

宗谷岬
時間が余ったので、宗谷岬まで足を延ばしてみました!立ってるのがやっとなくらいの暴風でした…(>_<)ちなみに稚内市街からは以外に遠かったです(^^;)

宗谷海峡
全然見えませんが、対岸はサハリン(樺太)です。もう亡くなってしまいましたが母方の祖父母は戦後、サハリンからえりもへと移住しました。向こうでの生活はどんなだったのでしょうか。今思えば、祖父母からもっと色んな話を聞いておけば良かったです。

走行距離
さて、今回の総走行距離は355㌔でした!Google Mapで調べると、伊達から青森県八戸市までの距離と大体同じでした。そして何より驚いたのは燃費です。これだけ走って22リッターしか消費していないんです!これはハイブリッド車が欲しくなりますね(笑)

稚内 発車案内
お目当ての入場券を買い任務完了です♪さて、北見へ戻るとします。大荒れの天気でしたが、平常運転だったので助かりました(^^)利尻や礼文を結ぶフェリー、稚内空港発着の飛行機は運休していました。

日本最北端の駅 看板
稚内滞在は約3時間、もうちょっとゆっくり観光したかったです…(^^;)

特急サロベツ
旭川までは特急で約4時間かかります。滅多に乗る事がない列車なので、ゆっくり車窓を楽しむとします♪

天塩川
幌延を過ぎると天塩川が車窓に広がります。さすが全国4位の長さを誇る川だけあって、間近で見ると迫力があります。

うにいくら弁当
この日最初の食事は奮発して駅弁にしました!ウニとイクラが美味しいのはもちろんですが、昨日の夕飯が鶏肉とおにぎり1個だったせいもあり、泣きそうなくらい美味しかったです(T_T)やっぱり空腹は最大の調味料だと思います。

特急大雪
旭川からは網走行きの特急に乗換え、北見を目指します。

北見駅前
無事北見に到着しました!しっかし、行く先々全部雨でした…(^^;)それでも、音威子府そばを食べたり、温泉に入ったり出来たので満足です(^^)


ご当地入場券 表

ご当地入場券 裏
ゴールデンウィークに集めたご当地入場券です。残り22駅となりました!釧路、根室地区を果たしてどうするか…現在計画中です(笑)


~自宅へ帰宅後~

お土産そば1
一路食堂さんでお土産用のそばを買ってきました!これで400円です。乾麺と半生がありましたが、私は半生タイプの方を買いました。

お土産そば2
そばのいい香りが漂います♪せっかくなのでめんみではなく、昆布とかつおでしっかり出汁をとります。

月見そば
今回はとろろ昆布やわかめ、鶏もも肉等をトッピングしてみました!やっぱり音威子府のそば大好きです(^^)ネット通販もやっている様なので、興味のある方は是非お試し下さい♪

6月に入り、30度を超える日も出てきました。皆さん熱中症にはくれぐれもお気を付け下さい!私は先週なりかけました…(>_<)

それでは。

北緯45度線を越えて。

こんにちは!店長の裕一です。

ライラック1
ライラックが咲き始めて、日中なら半袖でも過ごせるほど暖かくなりました!少し前までコートを羽織っていたのが嘘のようです。

さて、今回はゴールデンウィーク中に行ったご当地入場券収集の旅です。予定では列車に揺られながらのんびり集める予定だったのですが、時間の都合がつかず、行きはレンタカー、帰りはJRという弾丸プランになってしまいました(汗)

レンタカー
稚内までの相棒は「フィットハイブリッド」です。この車は旭川で借りましたが、何故か室蘭ナンバーでした(笑)今日は旭川から約200キロ先の幌延町を目指します。

シフトレバー
ガソリン車と違ってシフトレバーが特殊ですね。慣れるまでに時間がかかりました(^^;)

塩狩駅 駅名標
和寒町にある塩狩駅からスタートです。塩狩駅は無人駅なので、ご当地入場券は町内のセイコーマートさんとセブンイレブンさんで販売しています。

塩狩駅
三浦綾子さんの小説「塩狩峠」の舞台となった駅なので、駅名は聞いた事がある人も多いかもしれませんね。

士別駅
ご当地入場券は駅ごとに図柄が違うのですが、士別駅のは中々可愛いですよ♪

士別駅 ご当地入場券1
士別は「羊のまち」という事で羊のスタンプが印刷されています。

士別駅 ご当地入場券2
裏面はサフォーク種の羊の写真になっています。可愛いですね♪右下では料理されてしまっていますが…(^^;)サフォークラム、美味しそうですね!

名寄駅
名寄駅はとても立派な木造駅舎です。悔しいですが伊達紋別駅よりおしゃれな感じがします(^^;)
ここから稚内方面は列車の本数が極端に減ります。「JR北海道が単独では維持が困難な路線」の一つとしているのが、この名寄~稚内間です。

音威子府駅
この日、一番楽しみにしていたのがこの音威子府駅です!音威子府村はそばのまちで、十数年前に訪れた時に食べた駅内にあるお店のそばがずっと忘れられずにいたのです。

常盤軒
到着30分前に営業終わってました…(T_T)「何も食べないでここまで来たのに…」ショックがカメラにも伝わったのか、ピントがズレました。

どうしても諦める事が出来なかったので、駅員さんにそばが食べられる場所を聞いてみると、近くに一軒あるとの事でした。さっそく向かいます!

一路食堂
一路食堂さんで念願の音威子府そばを頂きます♪営業しててホッとしました…(^^;)

音威子府そば
音威子府そばは殻ごと製粉しているので、色が黒く、香りが強いのが特徴です。うどん派だった私がそば派に変わるきっかけとなったのがこの音威子府そばでした。十数年前と同じく月見そばを頂きました!最高に美味しかったです(^^)

北緯45度 看板
中川町の天塩中川駅を経由して、ついに来ました!ここが赤道から北極点までのちょうど中間地点となります。

北緯45度 道路
北緯45度の道路は驚くほど車通りが少ないです。流石にちょっと寂しくなりました(>_<)

安牛駅
幌延町のご当地入場券は幌延駅ではなく安牛駅となっているので、撮影の為に安牛駅に立ち寄ります。周りに民家はなく「なんでこんなトコに駅あんの?」といった感じです。

安牛駅 ホーム
ホーム向かい側は林になっていて、今にも熊が出そうな雰囲気です。駅を撮影していると、雨音に混じって林の奥から「ガサガサ」と大きな音がしましたが、正体が一体何だったのかは分かりませんでした。かなりおっかなかったです…(泣)

幌延駅 夕方
雨が段々と強くなってきましたが、何とか日没前に着きました!今日の目的地、幌延駅です。

窓口 夕方
窓口は15時で終わってしまっているので、入場券は翌朝に買います。列車が来る時間ではないので、人っ子一人いません。

幌延駅 北緯45度
幌延町にはトナカイ観光牧場があります。サンタさんの強い味方ですね(^^)流石に野郎一人でトナカイを見に行く勇気は無いので、今回は寄りませんでしたが、行ってみたい場所の一つです。

民宿旅館サロベツ
今夜のお宿は幌延駅のまん前にあるこちらの旅館です。この旅館にしたのは、実はある理由がありました!

民宿旅館サロベツ サイン
ここはSTVさんで放送している「ブギウギ専務」という番組のロケで専務こと上杉周太さんと、お笑い芸人「ダイノジ」の大地洋輔さん(係長)が宿泊した旅館なのです。泊まるなら絶対ここと決めていました(笑)

夕食
近くのスーパーに夕食を買いに行ったら、お惣菜コーナーにはこれしかありませんでした…。音威子府でそば食べてなかったらヤバかったです…(^^;)

部屋
次の日は朝早いので早めに寝るとします。…にしても、風と雨の音が段々と酷くなってきました…。

今回はここまでとなります。次回は…

予告1
一風変わった温泉に浸かり…

予告2
暴風警報の中を北上し…

予告3
最果ての地を目指します!

最近、クシャミと鼻水、目の痒みといった症状が出始めました。花粉症の皆さん、今年もお互い頑張って乗り切りましょう!!(>_<)

それでは。

可愛いトッカリ達♪

こんにちは!店長の裕一です。

ゴールデンウィーク後半は生憎の天気でしたが、皆さんはどのような過ごし方をされたでしょうか。私はというと奥さんの地元、北見へ行っていました。北見へ向かう途中、由仁町を通りましたが、こんな川がありました。

ヤリキレナイ川1
語源はアイヌ語らしいのですが、このアイヌ語の意味、何ともやりきれませんね(笑)

ヤリキレナイ川2
名前は強烈ですが、至って普通の小川でした。小魚くらいはいそうです。

車で走っていると一風変わった名前の川や地名がよく目に付きます。アイヌ語って私達の生活の中で意外と身近にあるものですね!

ゴマちゃんランド 入口
さて、話は変わりますが、北見滞在中は紋別市まで足を延ばしてみました!「とっかり」という言葉はアイヌ語でアザラシを意味するそうです。

アザラシ1

アザラシ2
ここは怪我をして保護されたアザラシ達の餌やりを間近で見たり、触ったり出来ます。

水中アザラシ
プールを優雅に泳ぐ姿も見られます。上手くシャッターが切れず、エビフライみたくなっちゃいました…(^^;)

解説
アザラシの健康チェックの仕方が分かりやすく解説してありました。アザラシのショーでよく見る「バイバイ」や「握手」はただ人に見せる為の芸ではなく、大切な健康チェックの一環らしいです。

給餌
室蘭水族館の飼育員さんもそうですが、ちゃんと個々の区別ができるなんて凄いですよね!私にはどのアザラシも一緒にしか見えません…(>_<)

アザラシ3
こんなに愛嬌のあるアザラシも、漁師さん達の間では網を破ったり、魚を食い荒らす嫌われ者です。アザラシの食害は最近大きく報道されていますが、アザラシの毛皮等の需要が無くなった事や、魚やタコ等の水産資源が減ったことが原因だそうです。人間とアザラシが共存出来る日は来るのでしょうか…。

西や
とっかりセンター近くの海洋交流館内にある「西や」さんで昼食にします。色々な人のサインが並んでいます。

オホーツクラーメン
オススメはとんこつ系だったのですが、シーフードに飢えていたのでオホーツクラーメンにしました!海鮮系のラーメン、久しぶりに食べました♪美味しかったです(^^)

ガリンコ号
海洋交流館は流氷観光砕氷船「ガリンコ号」のターミナルも兼ねています。夏には釣りやクルージング船となります。

シーパラダイス入口
先ほど行ったゴマちゃんランドの隣にあるシーパラダイスでは、何と!アザラシに餌付けが出来るんです♪

アグ君1
このアザラシ「アグ君」は30歳だそうです。アザラシって長生きなんですね!

アグ君2
餌付け以外にも、飼育員さんが普段やっている「サイン出し」も体験できます。噛まれているわけではありません(笑)餌は基本丸呑みで、牙は海で獲物を捕まえる時だけしか使わないのだそうです。

輪投げ
多少投げる位置がズレても、長い首を伸ばしてしっかりキャッチしていました!さすがアグ君♪(^^)b

日和ちゃん1
餌付け出来るのは、さっきのアグ君と、この日和(ひより)ちゃんです。まだ3歳なので飼育員さんの言う事はまだあまり聞かないみたいです(^^;)

日和ちゃん2
一応「あっかんベー」だそうです(笑)まだまだ自由奔放な日和ちゃんですが、それはそれで可愛いものです♪

小さな施設ですが、こんなに近くでアザラシと触れ合えるのはとても貴重な体験でした!

オホーツクタワー
オホーツクタワーにも行ってみたかったのですが、時間が無かったので今回は見送る事にしました。今度は流氷が接岸する時期に来てみたいと思います。

さて、次回ですが…

宗谷岬
行ってきました!

最北端の線路 看板
例の「ブツ」を集めに…!!

まー、酷い天気でした…(>_<)

またマニアックな内容を一部(大半?)含みますが、お付き合い下さいm(_ _)m

それでは。

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor 天気
  • ライブドアブログ